注目されている大阪のふたえ整形で人生が変わる

ふたえ整形

ふたえ整形について体験談

女性

私がふたえ整形をしたのは社会人2年目の時です。社会人になってお金を稼ぐことができ、ありがたいことに大阪の実家に住んでいた為、お金もある程度貯まりました。
ふたえ整形には二種類あって、まぶたにメスを入れる切開する方法と切開せずに糸を使って二重にする方法があります。切開する方法だったら半永久的に二重を持続させることができるのですが、費用が高い為、お手頃な価格の糸を使って整形する方法にしました。糸を使って整形する方法は二点留めと三点留めなどがあり、持続する期間を少しでも長くしたいため三点留めを希望しました。
整形する事は大阪の親にも一応言いました。理由も詳しく言いました。毎日早起きしてメザイクというまぶた専用ののりを使って二重にしていたのですが、それを毎日行うとまぶたの皮膚が伸びて腫れぼったいまぶたになってしまう、朝のメイクの時間短縮もとても魅力的でした。それを伝えると良いよと言ってくれましたが、今になって思うと親として複雑だったんじゃないかなと思います。
大阪でのふたえ整形当日、あっという間に手術は終わり鏡をみせられると自分の目は若干不自然なくっきりとした二重になっていました。その後二週間ぐらいかけて腫れは収まり、今では自然な二重まぶたになっています。

ふたえ整形で人生が変わる

大阪でふたえ整形なんて今は誰でもやっていて、整形してなくてもアイプチやアイテープなどの商品があって、そもそも女の子は二重じゃなきゃブスみたいな世の中ですよね。そんな私ももともと腫れぼったい奥二重で、大阪での中・高時代はずっとアイプチして過ごしていました。いじめられたこともありました。結局アイプチやアイテープだとスッピンで外に出れらないし、彼氏の前でも化粧を落とせないのですよね。
それが嫌で20歳になって決めました。ふたえ整形って言っても切らなくて済む埋没法と切開法と脂肪を減らすものと色々あって、やっぱり切るのは失敗とか怖いと思ったのと、周りからみても明らかに整形しましたってなるのも嫌で、埋没法を選びました。大阪では、値段も両目やっても五万くらいでバイトでも手を出せる金額でした。あとは何より翌日から化粧も出来るし休めるならダウンタイムも1週間あればほぼ腫れもひいちゃうので化粧してれば絶対わからない程度です。
私はふたえ整形を終えた3日後くらいから人と会っていました。それからすぐに結婚しましたが、いつでも何も気にすることなく、スッピンでいられるので本当にストレスや手間が減りました。元が腫れぼったかったせいで二重の幅は奥二重という感じで落ち着いていますがそれがまた自然で満足です。

注目されているふたえ整形について

近頃、大阪のテレビ番組や雑誌などでプチ整形が話題になることが多いですが、その中でも取り分けふたえ整形が人気です。一重から二重にすると、目元の印象だけでなく、顔全体の印象が大きく変わります。鋭かった目つきが柔らかくなると、自然と微笑んでいるかのような印象になり、対人関係を良くすることにも繋がります。また、外回りの多い大阪の営業職の方や、笑顔が基本となる接客業の方などは、仕事に役立つというメリットもあるはずです。
ふたえ整形で、一般的に多く知られているのは、やはり切る方法ではないでしょうか。この切る方法は、医療用語では切開法と呼ばれ、切開法で施術すれば半永久的に二重を持続させることが可能です。しかし、いくらプチ整形と言っても、顔にメスを入れなければならないとなると、初めての方はやはり抵抗があるかと思います。
そこで人気なのが、埋没法と呼ばれる切らないふたえ整形です。この埋没法は、医療用の糸を用いてまぶたの裏側から留めて行う方式で、抜糸の必要もなければ、傷になるようなこともありません。その手軽さから、現在は埋没法を選ぶ方が急増しています。
大阪でのふたえ整形に興味がある方は、まずは美容整形クリニックのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。長年悩み続けてきた、コンプレックスの解消に繋がるかもしれません。


ふたえにしたい、そんな願望のある方はふたえ整形大阪をご覧ください。大阪でふたえの整形をするならこちらがおすすめです。ふたえにして、よりかわいい自分に変身しましょう。

PICK UP

POST LIST

TOP